【インターネットマーティングのヒント】(10)8:2 パレートの法則

  • 2020.07.09 Thursday
  • 04:15




  • 【8:2 パレートの法則】

  • 【難産の末生まれたロードスター】


【8:2 パレートの法則】



社長だったら誰でも、自社の商品を熟知している。
毎日そのことばかりを考えていることだろう。
どうすれば、今ある商品がもっとよくなるか、もっと売れるか?
家でゆっくりとリラックスしているとき、アイデアが浮かぶのだ。
「アッ!うちの商品のラインアップには、ここに穴がある!」
そしてその穴を埋めるべく、新商品の開発にかかるのだ。

さて、「あなたはこの行動をどう思いますか?」

「自社の商品のラインアップを完ぺきにそろえたい」という思い込みは罠なのです。
これが罠なのです。

そこには、お客さんからの視点が欠けています

商品のラインアップは、8:2の法則(パレートの法則)があります。
どんな商品も、よく売れる商品と全く売れない商品に分かれるのです。

新しい商品を開発  (膨大な開発費)
    ↓
   宣伝     (膨大な広告費)


それらの手間をかけて売れればいいですが売れなかったら悲惨です。
売れたとしても、既存の商品の売り上げが落ちるのです。

ビジネスで成功する法則「お客が欲しいものを見つけてそれを手に入れる方法を教えてあげる」ことなのです。

お客が欲しがっているものを売る。
注意が必要なのはたまに「自分が欲しいものを開発し売ってみたら成功した」ということがある。
それは、偶然だ。
しかし、経験を積んでこういうものを欲しがっているから「これが必要だ」と思うことは、「お客がこれを欲しがっている」と同意語だ。

お客の2歩3歩、先を行く必要はない、今何を欲しがっているかが重要なのだ。

【難産の末生まれたロードスター】



1970年代後半、マツダはアメリカでの調査において「2人乗りのライトウェイスポーツカーの需要がある程度あることを掴んでいた」
しかし、経営幹部はなかなか首を縦に振らない。
なぜなら、市場に全くその車に当たるスポーツカーがないからであった。
スポーツカーと言えば、ムスタングのような大きな車のオープンカーを指していた。

しかし、調査に調査を重ねて「やはり市場ではライトウェイのオープンカーの需要がある」ことを説得してやっと発売にこぎつけた。

それが、マツダ ロードスター  

調査は間違っていなかった。売れた。
欧米各国の会社も「まだこの車の市場があったのか?」とポルシェを始めそうそうたる自動車会社がカブリオレの開発をした。

マツダ ロードスター は2022年5代目が発売予定だ。
世界で最も売れているスポーツカーとしてギネス認定されている。




 



2020年07月08日のつぶやき

  • 2020.07.09 Thursday
  • 03:22
11:10
#SEO対策 #ブログ #集客 ブログ更新でSEO対策に必要なテクニック3つ 1:ツイッターを目次代わりに埋め込む 2:YouTubeを埋め込む 3:内部リンクによりアクセスをあつめる
09:48
#セラピスト #独立 #集客 サロンを開いて独立したいというのが当面のセラピストさんの目標です。でも、考えなければならないのが集客。 Web SNS どう付き合ったらいいのか? ・Webがメイン SNSはサブです。 ・Blog 更… twitter.com/i/web/status/1…
00:28
【婚活】おすすめ結婚相手探しの心得(17)サイコロトークの効能 sagae-kan.seesaa.net/article/475539… @sagaekanより
00:10
【インターネットマーティングのヒント】(9) 商品中心主義の罠 paimnet.jugem.jp/?eid=127 #jugem_blog

【インターネットマーティングのヒント】(9) 商品中心主義の罠

  • 2020.07.08 Wednesday
  • 00:17





  1. 【商品中心主義の罠とは?】

  2. 【考えてみよう】

  3. 【われわれのビジネスは違う】



寒河江幹です。

【商品中心主義の罠とは?】



ある雑誌で次のような特集があった。
「餃子とTシャツと机、どれが一番儲かるか?」
餃子の王将とユニクロそしてニトリのどれが一番儲かるかということだ。

〇餃子の王将は利益が90%増で61億円
〇ユニクロは利益30%増
〇ニトリは22年連続増収増益

よく読んでみると、餃子・Tシャツ・机と「商品中心」の発想がベースとなって記事を書いている。
つまり、どの商品が儲かるかを記事にしているのだ。

われわれが最も欲しいのはお客だ。
どの商品が売れるかではなくて、「どんなマーケットが儲かるか」を知りたいのである。

「何を売るか」ではなく「誰に売るか」が肝心なのだ。

「誰に売るか」が決まってから次に「何を売るか」を考える。
この順番がとても大切だ。

【考えてみよう】



〇王将の餃子は日本で一番うまい餃子なのか?
〇ユニクロのTシャツは日本一の品質なのか?
〇ニトリの机は日本で最高の机なのか?

そんなことはないのは百も承知だろう。
3社の強みは、商品以外のところにあるのだ。

例えをかえるが、マクドナルドは最高のハンバーガーを売っているわけではない。
マックは、おにぎりやになっても成功するはずだ。

<目に見えるもの>
〇商品
<目に見えないもの>
〇マネジメント
〇ビジネスモデル

3社は、目に見えないところが強いのだ。
ただ、成功している会社は商品の改善を常に行っているという点ではそれなりに良い商品ができている。

【われわれのビジネスは違う】



インターネットを使う我々のビジネスは、お客がいるところにお店を開く上述4社と全く違うのだ。

「インターネットでサイトをつくればお客が自動的に来てくれる」そんなことは起こらないのだ。

こちらから僕らのサイトに来てくれるように広告を打たなければならない。

〇どんなお客がWEBでの買い物をよくするのか?
〇そのお客はどんなことを考えているのか?⇒どんなキーワードで広告を打つべきか
〇そのお客は他にどんな情報を必要としているのか?⇒サイトにのせる情報はどうしようか?
〇そのお客はほかにどんなものを読んでいるのだろうか?⇒どんなメルマガを読んでいるのだろうか?

ジェイ・エイブラハムはこう言った。
「ほとんどのビジネスオーナーは商品に恋している。これは間違いだ。
 自分のお客に恋をしなければならない。






calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM