2017年10月19日のつぶやき

  • 2017.10.20 Friday
  • 03:23
04:48
火野正平とうちゃこ日記(615)2017年秋の旅 和歌山県 那智勝浦町 BS日本縦断こころ旅 寒河江 幹の青春ピチカート : 火野正平とうちゃこ日記(615)2017年秋の旅 和歌山県 那智勝浦町 BS日本縦断こころ旅 https://t.co/sTNIDr2xiq
01:43
『2017年10月18日のつぶやき』こころ旅 火野正平応援ブログ|https://t.co/WOBXuPvaWz

火野正平とうちゃこ日記(614)2017年秋の旅 和歌山県 新宮市 BS日本縦断こころ旅

  • 2017.10.18 Wednesday
  • 05:23


寒河江幹です。

2017年秋の旅、673日目は和歌山県新宮市です。

「おんかーかーかみさんまいそわか」いきなり呪文を唱えています。
「おはようございます。まだ三重県にいます。これは熊野古道ですね」
白のゆったりしたプルオーバーとダボっとしたパンツ。真っ青なキャップ。
井田の一里塚の標識のそばでお手紙を読もうとしたら、そのお手紙は郵便番号と「NHKこころ旅様」で届いたことを紹介しました。

【大浜海岸(王子ヶ浜)】新宮市

私は高校卒業までは新宮に住んでいました。
今でも実家に帰省したときは必ず大浜へと向かいます。
潮の香り、きらきら光る水面、そして海鳴り。
幼いころそろばん塾をさぼってよく大浜へ遊びに行きました。
そこにはいつも海へ向かって一心に石を投げている一人のおじさんがいました。
その人はどこからともなくやってきて、私の実家前を通り海に来ているようでした。
どうして毎日海へ向かって石を投げていたのか、確かめようもありませんが、大浜のキラキラした海とその人が重なって私の遠い記憶に残っています。

 

続きを読む >>

火野正平とうちゃこ日記(610)2017年秋の旅 三重県 松阪市 BS日本縦断こころ旅

  • 2017.10.12 Thursday
  • 05:09


寒河江幹です。

2017年秋の旅、670日目は松阪市です。
「おはようございます。松阪城です。結構ちっちゃいです」
「まつざか ではなく まつさか」と注意されます。
正平さん、今日のいで立ちは紺のウォッチキャップとオレンジの長そでシャツでサングラスをしています。
「昨日に引き続いてまだまだ暑いです」
市街を背に木のベンチに座ってお手紙を読みます。

【瑞巌寺の池と岩内(ようち)の滝】松阪市

そこへは小学校低学年の遠足で何度か行きました。
お菓子は学校のルールで50円の範囲で駄菓子屋に買いに行くのも楽しみの一つでした。
弁当はフキを甘辛く煮て、それを芯にしたのり巻きが定番でした。
遠足の前夜父が「あの池には大きな鯉がたくさんいて、昔お父ちゃんはおにぎりを糸に結び投げ込んだら大きな鯉を釣り上げたんだぞ」と両手いっぱいに広げて自慢げにホラ話してくれました。
そばにいた祖母は「岩内は日本一素晴らしいところで、雄大な滝、春は緑、秋は紅葉と他の観光地に行く必要はない」と自慢げに話してくれます。
池からの細い道を小さなトンネルをくぐって5〜10分歩くと滝です。
高校を卒業後田舎を離れ半世紀がたちました。
帰省は何度かしましたが、岩内には訪れていません。
まだ鯉はいるのでしょうか?
数メートルの滝は健在なのでしょうか?

 

続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM