ブエノスアイレス午前零時  藤沢周

  • 2016.03.18 Friday
  • 20:15
JUGEMテーマ:読書


ブエノスアイレス午前零時 新装版

ブエノスアイレス午前零時 新装版
価格:540円(税込、送料別)



云わずと知れた、名作「ブエノスアイレス午前零時」をやっと読んだ。
2時間もあれば十分読める作品だが、長い間読まずにいた。

内容よりも、文体と構成に注目した。
文体は、なぜ現在形にしてあるところが多いのかが疑問だ。
構成は見事だ、また作者のダンスへの豊富な知識に驚かされた。
ただ、読後もブエノスアイレスはわかるがなぜ午前零時なのかはわからずじまいだった。

私も、こんな形で文章をしたためるようになったが
例えば「大きめのサファイアが細かい四辺形の光を散らして、皺の寄った指にはめられている。
手の甲には薄い墨汁の雫を紙の上に落としたようなシミが、いくつも浮いていたが、何もつけていない爪だけは綺麗だった。」と云った表現には恐れ入った。

あなたも作家になれる 高橋一清著

  • 2016.03.16 Wednesday
  • 01:10
JUGEMテーマ:読書




私は、この度処女作をしたためある新人賞に応募しようとした。
書き終わって「傑作ができた」と思っていた。
そして、この本を一読したのである。

「あなたの応募作が落ちる理由」の章をまず見た。
典型的な落ちる理由 そのトップにあげられていたのが
「スケールが小さい作品は弱い」⇒額縁小説

ここで私は、額縁小説の意味を初めて知った。
額縁小説…物語を現在より過去にさかのぼってはじめ、最後に語り始めた時間に戻って、どうこうしたというところで語りは終わる。

そうなのだ、まさしく私が応募しようとしていた作品がこれであった。同じようなことを書く作家は多くいて、「またかという月並みな感じ」なのだそうである。

応募する前に読んでおいてよかったと思う。

誅韓論 悪の反日国家はこうやって潰せ! 日本戦略ブレイン

  • 2014.09.08 Monday
  • 02:55
評価:
日本戦略ブレイン
晋遊舎
¥ 972
(2014-08-08)

韓国についての反感本が出回っている。この本も、その中の一冊で韓国崩壊までの予想なのかなと思って読んでみた。すると、もはや崩壊は既定事実でその先にあるもの、「中国の属国化となった韓国」が最終的には日本に攻め込む、そうまさに元寇の再来を予想する。そうならないためにはどうするか?それをテーマとして扱ったものだ。
特定の作家が独自の理論を展開するのではなく、日本戦略ブレインという複数の方々が調査・分析・検討を行って導き出されたアクションプランである。
JUGEMテーマ:読書


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM