火野正平とうちゃこ日記(106)2015春の旅 宮城県 石巻市  BS日本縦断こころ旅

  • 2017.08.13 Sunday
  • 02:26




日本一周 ブログランキングへ

寒河江幹です。

今、マリンゲート塩竈にいます。昨日はあの山の上の、塩竈神社に行ってきました。
松島を遊覧する船があります。

【狐崎浜】石巻市

宮城から福島の大学に通う18歳の新大学生です。小さい頃、夏になるとよくバイクの後ろに乗せられ狐崎浜に来ました。秋には釣りに連れてきてもらい「船釣りに連れて行ってやるから頑張れよ」と約束しましたが、震災で父は命を落としその約束はかなわぬものになりました。その時からあの場所は僕にとって特別な場所になりました。高校入学後、人付き合いが悪くなった僕は、安らぎの場所を求めて父との一番の思い出の場所である狐崎を探しつつけました。休日は毎週のようにバイクを走らせ、1年3か月後やっと探し出しました。4年ぶりの狐崎は風景が変わってしまいましたが、見つけたことの嬉しさと隣に父がいない寂しさと、なぜかあたたかいものを感じました。一番の宝物と言う曲を聴きながら、ぼ〜と佇み泣いてしまいました。父との思い出の場所は限りなくありますが、やはり狐崎浜が一番心を落ち着かせてくれる場所です。

 



JR本塩釜駅〜石巻に輪行 仙石線はこの5月30日に復旧しました。
駅やホームでおばさん方から、「おはようございます」と声をかけられてもそっけない正平さん。
絵がいっぱい書いてある車両が来ました。
唯一、ベンチに座っていた若い女性には「さあ一緒に旅立ちましょう」なんて声をかけるのでした。
Bカメが遠くから電車をとらえます。今日は「営業中」の札が窓から見えました。
電車の中にはかわいい女子高生が2人並んで座っています。
さすがに声をかけられなければ声をかけずらいようです。
石巻駅前です。「なんか前もここからバス乗ったなぁ」古い記憶です。
そこへ集団の女子高生が通り過ぎました。正平さんは中学生だと思ったようです。
その子たちは、木の下の座るところでアイスなどを食べていました。
「君たち高校生?」と声をかけずにはいられませんでした。
ミヤコバスで小積浜まで輪行。そこから、5卆茲慮兀衂佑鯡椹悗靴泙后
Bカメの作業が終了してから出発。Bカメは肩車をして上から撮影します。
海岸沿いを走ります。山に入りました。ダンプの運転手が手を振っています。
下って、上って、たまらず休憩です「もう=、毛沢東」「山の向こうに三途の川があるんだよ〜」
ある浜について地元の人に尋ねました。
「すみません。狐崎浜はここじゃないですよね」
「ここじゃないですね。もう一つ向うの浜です。狐崎浜の坂はきついですよ」
ハァハァハァ、先ほどの牧浜から上り坂を登った頂上で休憩。
おきのはま保育園前で休憩。先生方と目があいました。
「先生オシッコ漏らしちゃったんだけど」
「漏らしたの、子どものパンツならありますよ」
お昼寝の最中のようです。
「先生俺も寝たい」
下り坂です。終わりかと思ったらまた上り坂です。
「あれっ」狐崎浜の停留所発見。まもなくとうちゃこ。
そこは新しくなっていました。カキがたくさんあります。
カキを剥いているおばさんとしばし会話。
その後しばらく歩いて、新しい埠頭で再びお手紙を読みました。

 






コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM