スポンサーサイト

  • 2019.07.08 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    火野正平とうちゃこ日記(844)2015年秋の旅 宮崎 蔵出しスペシャル

    • 2019.05.04 Saturday
    • 05:22


    寒河江幹です。

    2015年秋の旅、宮崎県の蔵出しスペシャルです。
    「橋にもあっちにも牛さんが」歩いて上真幸橋に行くと橋の入口に牛のモニュメント。
    「君も宮崎牛か?」

    【早日渡駅】延岡市

    「左」「あの登坂車線いくのかと思った。助かった」
    お食事処「あゆっぺ」で食事にします。
    「ご飯食べられますか?」
    「チャンポンにしよっか?」
    「そっちが決める?じゃあちゃんぽん5つ」
    娘さんの子供がいました。待っている間正平さんが子守り役。
    「お名前は?」
    「そうま」(母)
    「そうまくん、ハーイは?」
    はーいと手をあげました。
    正平さんはチャリオに乗せてあげようとして「そうま来てみ」と抱こうとすると奥へ大急ぎで逃げて行ってしまいました。
    正平さん何やら店内を歩き回ります。
    奥に猫3匹がいるのを発見。ガラクタの下に檻籠がありました。「この下にいるとは思えないですね」(スタッフ)
    チャンポンができました。
    「なんの旅ですか?」
    「男たちがきれいな人を求める旅」
    「だからここに」
    「・・・以上です」

    橋のたもとに「早日渡」の文字「向こうに行っておいで」とスタッフに橋をまずわたらせます。
    その後、背中を丸めて橋の真ん中をゆっくりチャリオを押しながら進みます。
    「よし背筋を伸ばせ」とうちゃこ。
    2005年の台風被害で廃線となった高千穂鉄道(旧日之影線)早日渡駅がありました。
    線路はもうありません。

    http://poso3545.seesaa.net/article/429846169.html?1556913315


     



    【宮崎空港滑走路端の海岸】宮崎市

    「ここで飯にする」画面はいきなり店内。奥から奥様方がお出迎え。
    テーブルに座ると奥で一人で食事している女性発見。
    「カッコいいですね」とその女性。落ち着いています。
    正平さん、その女性の席の前に移動していきなり言った言葉が「一緒になろうぜ」
    往年の素早さです。
    「ご近所の人?」
    「お腹に赤ちゃんが。来週なんです」
    「じゃ〜一緒になれねーな。男か女かもうわかってんの?」
    「女の子」

    日向灘です。防風林の中を走っています。
    「風よけてくれてすごくありがたいんだけど、何も見えねーな」
    海へ出ました。
    「あら、滑走路あそこまである。とうちゃこ。歩きます。
    「砂があんなにあって。ここはグリーンだ」
    滑走路を見ながら「ここで空飛ぶ夢を見てた」

    http://poso3545.seesaa.net/article/429894870.html


     

    【去川の大イチョウとそのまわりの山の風景】宮崎市高岡町

    土手を走っています。急に止まりました。猫がいます。
    「何してる?何してますか?土手猫。ミャーミャー」
    動きました。首輪をしています。正平さん手招きをしますが正平さんの前を通り過ぎます。
    「バイバイ。土手にバッタでもいたのかな?」
    「日向ぼっこじゃないですか?」

    坂を下っています。上がったところで休憩。楠見大橋です。
    正平さんそこから河口を眺め「いい風景や。落ち着くね」遠くに鳥の群れ。
    土手沿いに走っていくと浅瀬に鳥たちが群がっていました。
    「ちっちゃい魚狙っているのかな?」
    「いいなぁ、のんびりしちゃって」
    イチョウが見えました。
    「ちょっと色づいてんな」とうちゃこ「でかっ」
    「おいらも一杯みてきたけど1・2番のでかさだよ、こいつ」

    http://poso3545.seesaa.net/article/429949138.html


     



    【亀の湯】えびの市

    列車から手を振る正平さん。
    えびの飯尾駅から出発しようとすると、シルバーケアステーションセンターの女性で若い介護師4人が2階から手を振っています。「そのうち来るから面倒見てね」

    道路を走っています。大きなトラクターとすれ違います。前方にもトラクターが車道を走っています。
    両側田んぼの一本道を走っています。
    右は山、前も山、右折しました。
    田をうなっているトラクターの方が手を振っていました。
    亀の湯温泉がありました。とうちゃこ。
    ちょっとさびれています。
    正平さんは風呂の中です。風呂の中で再びお手紙を読みます
    ではまた来週、ブクブクブクと頭ごと湯の中へ。

    http://poso3545.seesaa.net/article/430002224.html


     

    スポンサーサイト

    • 2019.07.08 Monday
    • 05:22
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM