火野正平とうちゃこ日記(662)2017年秋の旅 種子島 南種子町 BS日本縦断こころ旅

  • 2017.12.23 Saturday
  • 04:25


寒河江幹です。

2017年秋の旅もいよいよ最終日。704日目は南種子町です。
「おはようございますです。昨日夕焼け、今日朝焼け。11年前まで使っていたんだよ。友達紹介します、タヌ夫です」
大きな狸のオブジェの前に座ってお手紙を読みます。

【千座(ちくら)の岩屋】種子島南種子町

私は心の中にあるモヤモヤを何かでかき消したく、一人旅で東京からツアーで種子島と屋久島に行くことにしました。そして、鹿児島空港で関西の人達と合流し、ツアー開始。バスに乗る時に仲睦まじい老夫婦がおられたので、「一人旅なので、何かの時にご一緒させてもらってもよろしいですか?」と声をかけ、「あ〜、1人より人数が多い方が楽しい!かまわんよ。」と快く言っていただき、安心して少し離れた席に着くと、声をかけた御夫婦に話しかける1人の男性かおりました。(後で、わかったのですが、息子さんで、家族で旅行に来ていたとわかり、やってもうたぁ〜後の祭りです。)そのツアーの中で種子島宇宙センターの後に訪れた洞窟とそこに立つ鳥居に老夫婦二人が小石を乗せようと夢中になっていた二人の姿が私の忘れられない風景です。(これも、後で知ったのですが、ここに乗せることができると、いつまでも、仲睦まじくいられるとのことでした。今でも仲良し夫婦です。=私はその息子と結婚しました。)そして、挨拶に主人の実家に行った時は普通なら「はじめまして。」なのですが、私の場合は「お久しぶりです。」でした。
 その洞窟は太平洋の荒波に洗われてできた海蝕岩でなかでも波に浸食された奇岩の広がる浜田海浜一帯にある「千座の岩屋(ちくらのいわや)」は、種子島最大の海蝕洞窟で、中には千人が座れるともいい伝えられているそうです。幻想的な雰囲気も漂わせています。沖合にちらばる岩礁も素晴らしい景観でした。
 正平さん、是非、その場所に行ってみてもらえませんか?結婚し子供もできないと思っていた私が親になり、今があるのは、あの時の老夫婦(現在の義理の父母)が快く私を受け入れてくれたから、だと、今でも思っています。

 

続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM